アクセスランキング
ランキングno.1
  • 遊ぶ・楽しむ
  • グルメ
若狭小浜お魚センター

地元の漁港にその日水揚げされたばかりの鮮魚をはじめ、干物や海産加工品… ≫続きを見る

お気に入り登録する
ランキングno.2
高浜七年祭

 「高浜七年祭(たかはましちねんまつり)」は、巳の年と亥の年を「まつ… ≫続きを見る

お気に入り登録する
ランキングno.3
  • 自然・風景
瓜割の滝

瓜割の滝は、あまりの水の冷たさに瓜が割れてしまったという伝説に由来し… ≫続きを見る

お気に入り登録する
ランキングno.4
  • 若狭路ご膳
  • 和食
ドライブイン よしだ イカ丼

イカ丼、漬物、味噌汁 ≫続きを見る

お気に入り登録する
ランキングno.5
  • レジャー
敦賀水産卸売市場

敦賀に水揚げるされる魚や活気ある競りの様子を2階の見学ルームから見るこ… ≫続きを見る

お気に入り登録する
ランキングをもっと見る
ランキング一覧を見る

若狭路の花と光情報一覧はこちら

イベント情報

テーマ展「くらべてみよう ちょっと昔と大昔の道具」
テーマ展「くらべてみよう ちょっと昔と大昔の道具」
時期: 2019/1/12(土)〜2019/3/3(日)
場所:〒917-0241 小浜市遠敷2-104 福井県立若狭歴史博物館 
博物館には、少し前まで使われていたけれど今は使われなくなった道具や、遺跡の発掘調査で地中から見つかった大昔の道具が保管されています。当館収蔵品を中心に、発火具や調理具、農具、工具、機織り機など、数千年前の遺跡から見つかった遺物と近現代の道具とを比較してみることで、くらしの道具について今と昔の相違点・共通点を学んでみませんか。
ミニ展「若狭路の獅子頭」
ミニ展「若狭路の獅子頭」
時期: 2019/1/19(土)〜2019/3/17(日)
場所:〒917-0241 小浜市遠敷2-104 福井県立若狭歴史博物館 
若狭路(福井県嶺南地方)では、「獅子」あるいは「獅子舞」と呼ばれる民俗芸能が多数行なわれていますが、そこで使用される獅子頭は、黒い獅子頭・赤い獅子頭・鳥の羽根でおおわれた獅子頭の3種類に大別されます。 本展では、3種類の獅子頭それぞれの特色や、それらを用いる獅子舞の歴史などについて解説します。若狭路の獅子舞や獅子頭に関して、理解を深める機会になれば幸いです。 また関連行事として、わかはく講座「若狭路の獅子舞と獅子頭」も開催します。 講座の案内はこちら→ https://wakahaku.pref.fukui.lg.jp/event/detail/post-431.php
エントランス展「お水送り」
エントランス展「お水送り」
時期: 2019/2/7(木)〜2019/3/10(日)
場所:〒917-0241 小浜市遠敷2-104福井県立若狭歴史博物館 1階エントランス
小浜市遠敷にある鵜の瀬では、毎年3月2日の夜に送水神事「お水送り」が行われます。お水送りは若狭や奈良に春を告げる行事として広く親しまれてきました。 本展示ではお水送りに関係するいくつかの資料と、遠敷から近江や京都へ抜ける「針畑越え」沿いにある名所や景観を紹介します。
ジオラマ館 Early Spring Event!
ジオラマ館 Early Spring Event!
時期: 2019/3/1(金)〜2019/3/31(日)
場所:〒914-0072 福井県敦賀市金ヶ崎町4-1 敦賀赤レンガ倉庫
ジオラマ館では大人から子供まで楽しめる3つのワクワク早春イベントを開催します。
お水送り
お水送り
時期: 2019/3/2(土)
場所:〒917-0244 福井県小浜市神宮寺〜鵜の瀬
3月12日に東大寺二月堂で行われる「お水取り」に先がけて、毎年3月2日に神宮寺、鵜の瀬で行われる「お水送り」は、奈良と若狭が昔から深い関係にあったことを物語る歴史的な神事です。松明行列には一般の方も参加できます。(松明有料)
梅まつり
梅まつり
時期: 2019/3/9(土)〜2019/3/10(日)
場所:〒919-1463 福井県若狭町成出17-4-1 JA敦賀美方 梅の里会館
梅の開花時期に合わせて「梅まつり」を開催。JA敦賀美方梅の里会館をメイン会場に、観梅、梅・梅加工品や若狭湾で獲れた魚の干物、地酒などの地元特産品が販売されます。
エントランス展「西津七年祭」
エントランス展「西津七年祭」
時期: 2019/3/16(土)〜2019/5/12(日)
場所:〒917-0241 小浜市遠敷2-104福井県立若狭歴史博物館 1階エントランス
 西津七年祭は巳年と亥年ごとに行なわれる小浜市北塩屋の宗像神社の式年祭です。  今年は5月3日から5日までの3日間行われます。祭りでは氏子の小松原・新小松原の住民が、大太鼓・太刀・神楽・琵琶といった出し物(祭礼芸能)を繰り出し、各所で演技や囃子を披露します。神輿の渡御・還御の際には、これらが行列を組んで神輿に随行します。また、神輿が神社や御旅所を出御・入御する時の大音響での囃子の競演は圧巻です。  本展では、福井県無形民俗文化財に指定されているこの西津七年祭について、当館がこれまでに撮影した写真や、前回(2013年)の映像などで紹介します。
花換まつり
花換まつり
時期: 2019/4/1(月)〜2019/4/15(月)
場所:〒914-0072 福井県敦賀市金ヶ崎町1−1
「花換えましょう」と声をかけあい、金ヶ崎を訪れた男女がお互いの桜の小枝を交換することによって、恋心を伝えあったと言われるロマンチックなお祭りです。「花換え」をしたカップルは将来幸せに恵まれると言われています。 また、期間中は福娘との花換え、夜桜ライトアップ、花換神事(土日開催)などの催しが行われます。
ジオラマ館 Spring Festa
ジオラマ館 Spring Festa
時期: 2019/4/1(月)〜2019/4/21(日)
場所:〒914-0072 福井県敦賀市金ヶ崎町4-1 敦賀赤レンガ倉庫
ジオラマ館は春のイベント「Spring Festa」を開催いたします。 4/1〜4/15は金崎宮の花換まつりと連動し、桜の小枝を持ってジオラマ館に入館されたお客様には素敵な粗品をプレゼントします。 その他にも様々なイベントを用意していますので、是非敦賀赤レンガ倉庫にお越し下さい。 ※イベントの参加にはジオラマ館入館料がかかります。 (大人\400/小学生以下\200)
特別公開「曹福寺の阿弥陀如来坐像」
特別公開「曹福寺の阿弥陀如来坐像」
時期: 2019/4/13(土)〜2019/6/2(日)
場所:〒917-0241 小浜市遠敷2-104福井県立若狭歴史博物館 
 若狭歴史博物館では若狭地域の仏像を広く紹介するため、定期的に展示替えを行っています。今回は、若狭町神谷(こうだん)にある曹福寺(そうふくじ)の阿弥陀如来坐像を期間限定で公開します。  本像は曹福寺本堂の本尊として安置される阿弥陀如来坐像で、両手を腹前で定印(じょういん)に組み、左足を上にして結跏趺坐(けっかふざ)する姿です。  像高は82.7?、ヒノキの寄木造で、丸く盛り上がる肉髻(にっけい、頭の上の隆起した部分)や、小粒に刻まれた螺髪(らほつ、粒状の髪の毛)、穏やかな表情、薄く滑らかな衣などの特徴から、平安時代後期の制作と考えられます。
よこつみ農苑ピクニック
よこつみ農苑ピクニック
時期: 2019/4/14(日)〜2019/4/22(月)
場所:〒919-2385 福井県高浜町横津海
地区住民ボランティアが植えたおよそ7万本の芝桜が見頃を迎えます。河川沿いや田んぼの畦道に満開に咲く芝桜をゆっくりとご覧ください。 ※今年は気候の影響で見頃が早まる可能性があります。お早めにお越しください。
テーマ展「仏教美術ことはじめ お釈迦さまの美術」
テーマ展「仏教美術ことはじめ お釈迦さまの美術」
時期: 2019/4/18(木)〜2019/6/2(日)
場所:〒917-0241 小浜市遠敷2-104福井県立若狭歴史博物館 
 難解なイメージのある仏教美術について、わかりやすい解説を交えながら尊像ごとに紹介するシリーズ企画。1回目となる今回は「釈迦如来」を取り上げます。  仏教の開祖である釈迦は紀元前5世紀頃に実在した人物とされ、釈迦が説いた教えは仏教として今も広く信仰されています。誕生から涅槃までの80年間にわたる釈迦の生涯は「仏伝」といわれ、多くの経典に記されて美術の主題としても取り上げられました。仏教美術の基本ともいえる釈迦如来の造形を若狭に伝来する文化財から紹介します。
第39回OBAMA若狭マラソン大会
第39回OBAMA若狭マラソン大会
時期: 2019/4/28(日)
場所:〒917-0074 福井県小浜市後瀬町  小浜市中央グラウンド
春の小浜市内を走る、マラソン大会。距離は3km、5km、10km、ハーフマラソン。(申し込み締め切りは3月15日)
三十三間山 山開き
三十三間山 山開き
時期: 2019/4/29(月)
場所:〒919-1323 福井県若狭町倉見 (登山口) 
若狭町と滋賀県高島市との境にある「三十三間山」(842m)の山開き式が登山口において行われます。式典後には一年の山の安全を願い祈念登山をします。
ジオラマ館 Early Summer Festa
ジオラマ館 Early Summer Festa
時期: 2019/4/30(火)〜2019/5/26(日)
場所:〒914-0072 福井県敦賀市金ヶ崎町4-1 敦賀赤レンガ倉庫
ジオラマ館は「Early Summer Festa」を開催いたします。 様々なイベントを用意していますので、是非敦賀赤レンガ倉庫にお越し下さい。 ※イベントの参加にはジオラマ館入館料がかかります。 (大人\400/小学生以下\200)
弥美神社例大祭
弥美神社例大祭
時期: 2019/5/1(水)
場所:〒919-1134 福井県美浜町宮代 弥美神社
美浜町宮代の弥美神社で行われる「王の舞」はその年の豊饒を祈る代表的な農耕神事です。県の無形民俗文化財に指定され、「大御幣押し」「王の舞」「獅子舞」の 順序で奉納されます。
お城まつり
お城まつり
時期: 2019/5/2(木)〜2019/5/3(金)
場所:〒917-0095 福井県小浜市城内1丁目7番55号 小浜神社
400年の歴史を誇るおまつり。県無形民俗文化財指定の「雲浜(うんぴん)獅子」をはじめ、「お城太鼓」などがにぎやかに町を練り歩きます。
西津七年祭
西津七年祭
時期: 2019/5/3(金)〜2019/5/5(日)
場所:〒917-0002 福井県小浜市北塩谷 宗像神社
西津七年祭は7年毎(巳年と亥年)に行われる小浜市北塩屋の宗像神社の式年祭です。
子供歌舞伎
子供歌舞伎
時期: 2019/5/5(日)
場所:〒919-1124 福井県美浜町早瀬 日吉神社
早瀬で5月5日に行われるのが、150年も前から続くという子供歌舞伎です。その昔、疫病が流行った時に、芸能としてこの子供歌舞伎を演じて奉納し、その病を鎮めたといわれています。 参道に据えられた山車の舞台で、早瀬地区の小学4〜5年生の男子が化粧して、色あでやかな衣装を纏い、三味線や鼓に合わせて「寿式三番叟」を舞います。子供らしい元気さや優雅な舞に見物客から大きな声援や拍手が送られます。
沓見御田植祭(くつみおたうえまつり)
沓見御田植祭(くつみおたうえまつり)
時期: 2019/5/5(日)
場所:〒914-0823 福井県敦賀市沓見 信露貴彦神社・久豆弥神社
伝統衣装に身を包んだ行列が区内を練り歩いた後、信露貴彦(しらきひこ)神社と久豆弥(くつみ)神社では、五穀豊穣を願い大勢の観客が見守る中、子どもたちの見事な王の舞(おのまい)や獅子舞、大人たちの田植え歌やえぶり差しなど田植えの様子を表した芸能を奉納します。県の無形民俗文化財に指定されています。
第14回 鯖街道体験ウォーキング
第14回 鯖街道体験ウォーキング
時期: 2019/5/11(土)〜2019/5/12(日)
場所:〒917-0069 福井県小浜市小浜白鬚 まちの駅・旭座
小浜市いづみ町から京都市出町柳まで続く鯖街道を2日間かけて歩く(一部バス移動)、好評の体験ウォーキングです。 万一の事故や急病・リタイヤに備えてサポートの車が伴走するので、初心者の方でも安心して参加していただけます。 この機会に若狭から京の都へ鯖などの魚や物資を運んだ鯖街道ウォークを体験してみませんか?
第31回美浜・五木ひろしふるさとマラソン
第31回美浜・五木ひろしふるさとマラソン
時期: 2019/5/12(日)
場所:〒919-1201 福井県美浜町丹生 丹生特設会場
美浜町出身であり名誉町民である五木ひろしさんにちなんだマラソン大会です。 風光明媚な若狭湾国定公園の海岸線コースを潮の香りを肌で感じながら楽しく走ることができます。 ※エントリーは3月15日(金)まで(受付終了)
エントランス展「高浜七年祭」
エントランス展「高浜七年祭」
時期: 2019/5/14(火)〜2019/7/7(日)
場所:〒917-0241 小浜市遠敷2-104福井県立若狭歴史博物館 1階エントランス
 高浜七年祭は、高浜町宮崎の佐伎治(さきち)神社の式年大祭で、巳年・亥年の6月卯の日から酉の日までの7日間にわたって行われます。今年は6月23日から6月29日までの7日間にわたって行われ、三基の神輿が氏子区域を遊幸し、太刀振・お田植・神楽・曳山などの芸能が各所で披露されます。期間の長さや規模の大きさ、芸能の多彩さなど若狭地方最大の夏祭りで、福井県無形民俗文化財に指定されています。  荒々しく暴れ回る神輿、鍛え上げられた若者が激しく素早い動きで見事な立ち回りを見せる太刀振(たちふり)、子供が可愛い踊りを披露する曳山など、様々な表情をもち多彩な見所のある高浜七年祭について、当館がこれまでに撮影した写真や映像などで紹介します。
第28回若狭・三方五湖ツーデーマーチ
第28回若狭・三方五湖ツーデーマーチ
時期: 2019/5/18(土)〜2019/5/19(日)
場所:〒919-1305 福井県若狭町北前川26-10若狭町多目的交流広場 若狭さとうみパーク
この大会は数あるウオーキング大会のうち日本マーチングリーグの公式大会(全国18大会の1つ)であり、コースを変えて両日とも5・10・20・40km(35km)の4コースがあります。
体験講座「大人の陶芸講座 IN 須恵野」
体験講座「大人の陶芸講座 IN 須恵野」
時期: 2019/5/18(土)
場所:〒919-1522 三方上中郡若狭町末野42-21 須恵野創作館 
当館ミュージアムショップで販売している「須恵野焼」を作ってみませんか? 須恵野焼の窯元で陶芸体験をし、歴史を感じながら土とふれあい、創作の楽しさと地元の伝統を知る陶芸企画です。ご好評いただき、今年で第5回を開催する運びとなりました。みなさまのご参加をお待ちしております。
旨いもんすごろくin小浜
旨いもんすごろくin小浜
時期: 2019/5/19(日)
場所:〒917-0069 福井県小浜市小浜白鬚 小浜市まちの駅
小浜市まちの駅を起点に、市内をめぐるオリエンテーリングイベント。(定員300名限定) すべてのチェックポイントを回った方には、若狭牛ステーキをプレゼント。 まちの駅には屋台もあり、家族で楽しめるイベントです。
ふるさとファミリーウォーク
ふるさとファミリーウォーク
時期: 2019/5/19(日)
場所:〒919-2101 おおい町大島90-27 はまかぜ交流センター
毎年歩く地域を変えて開催されるふるさとファミリーウォーク。今年は大島地区で開催されます。家族や友達とおしゃべりしながら自然豊かなおおい町を楽しく歩いてみませんか。
ふれあい広場
ふれあい広場
時期: 2019/5/26(日)
場所:〒919-2221 福井県大飯郡高浜町事代 城山公園
毎年大盛況のファミリー向けイベント。ふれあい動物園やステージ、さまざまなちびっこ向けの催しものがたくさんです! ※ほとんどの催しが無料でお楽しみいただけます。
青梅まつり
青梅まつり
時期: 2019/6/16(日)
場所:〒919-1463 若狭町成出17-4-1 JA敦賀美方 梅の里会館
毎年皇室に献上されている若狭町特産福井梅を満喫する青梅まつりを開催します。

花情報

ハナショウブ(敦賀市総合運動公園)
ハナショウブ(敦賀市総合運動公園)
時期: 見頃(5月下旬〜6月)
場所:〒914-0823 福井県敦賀市沓見149-1
敦賀市総合運動公園の一角に設けられた修景池では初夏、ハナショウブが花を咲かせます。紫と白の花々が水面に広がる景色をながめながらの散策がおすすめです。
桜(敦賀さくらの里)
桜(敦賀さくらの里)
時期: 見頃(3月下旬〜5月上旬)
場所:〒914-0823 福井県敦賀市沓見149-1
敦賀市総合運動公園の一角にある、木崎山の麓にある敦賀さくらの里では市民から広くオーナーを募って植樹を進めてきた桜が次々と咲き誇ります。その数なんと1000本以上。様々な種類の桜があり、早咲きのものは3月下旬から、遅咲きのものは5月に入るまで楽しむことができます。
カタクリ(野坂山)
カタクリ(野坂山)
時期: 見頃(4月〜6月)
場所:〒914-0145 福井県敦賀市野坂80号15番地 (野坂いこいの森)
野坂山の尾根にそって続くブナ林の足元に、春になると可憐な花を咲かせるカタクリ。花の時期以外は葉も茎も枯れてしまうことから英語では「スプリング・エフェメラル(春のはかない命)」とも呼ばれています。
ソメイヨシノなど(金ヶ崎宮)
ソメイヨシノなど(金ヶ崎宮)
時期: 見頃(4月上旬)
場所:〒914-0072 福井県敦賀市金ヶ崎町
金崎宮創建当時から境内地には多くの桜が植えられ、春には満開の花を咲かせます。金ヶ崎の山麓に咲き乱れる桜はその数「一目千本」ともいわれ、絶好の花見どころとして知られています。
鬱金桜など(西福寺)
鬱金桜など(西福寺)
時期: 見頃(4月中旬)
場所:〒914-0824 福井県敦賀市原13-7
浄土宗の古刹西福寺には鬱金桜と呼ばれる桜があります。鬱金桜は福井藩2代目藩主松平忠直が寄贈し、福井場内から移植されたと伝えられています。ソメイヨシノより少し遅れて薄黄緑色の八重咲きの可憐な花をひらかせます。  境内ではそのほか様々な種類の桜を楽しむことができます。
しだれ桜(常宮神社)
しだれ桜(常宮神社)
時期: 見頃(4月)
場所:〒914-0832 福井県敦賀市常宮13-11
参道に並ぶソメイヨシノ、境内に咲くしだれ桜はとても見事です。
桃(常宮神社)
桃(常宮神社)
時期: 見頃(3、4月)
場所:〒914-0832 福井県敦賀市常宮13-11
八重咲きのしだれ花桃、菊桃、源平桃などが咲きます。
オウレン(中池見湿地)
オウレン(中池見湿地)
時期: 見頃(3月)
場所:〒915-0005 福井県敦賀市樫曲奥堀切79
早春、山沿いや林の中を歩くと、足元に可憐な花を咲かせています。咲き始めは背も低く、花の大きさも1センチほどなので、よくよく見ないと気が付かないかもしれません。それでも一つ花を見つけると、あちらにもこちらにもと、見えるはず。花は白いものや少し赤みがかったものもあります。
タチツボスミレ(中池見湿地)
タチツボスミレ(中池見湿地)
時期: 見頃(3月〜5月)
場所:〒915-0005 福井県敦賀市樫曲奥堀切79
春の早い時期から咲き始める、可憐な紫色の花です。日当たりのいい山沿いの斜面や道際を歩いていると、簡単に出会うことができます。
ショウジョウバカマ(中池見湿地)
ショウジョウバカマ(中池見湿地)
時期: 見頃(3月〜4月)
場所:〒915-0005 福井県敦賀市樫曲奥堀切79
春早く、まだ色味のない林縁部のやや湿った場所に、ひときわ目立つ濃いピンクの花を咲かせます。この花を中国の伝説上の動物「猩々(しょうじょう)」の赤い顔に例え、またヘラ型で放射状に広がる葉を袴に見立てたことから、この名がついたと言われています。
ネコノメソウ(中池見湿地)
ネコノメソウ(中池見湿地)
時期: 見頃(3月〜4月)
場所:〒915-0005 福井県敦賀市樫曲奥堀切79
4月頃、林縁にある水辺に群生しています。鮮やかな花の中心の黄色が外側へと広がっていく、目にも鮮やかなこの色合いは、周囲のまだ色味の少ない風景の中で、ひときわ目立ちます。
トキワイカリソウ(中池見湿地)
トキワイカリソウ(中池見湿地)
時期: 見頃(4月〜5月)
場所:〒915-0005 福井県敦賀市樫曲奥堀切79
林縁部の全域で見ることができる、春の代表的な花です。ピンクの花から真っ白のものまで、微妙な色合いの違いがあります。船の錨に似た花をつけるイカリソウ(主に太平洋側に生育)に似ていますが、冬でも葉を落とさないことから、この名がついたと言われています。
ミツガシワ(中池見湿地)
ミツガシワ(中池見湿地)
時期: 見頃(4月〜5月)
場所:〒915-0005 福井県敦賀市樫曲奥堀切79
氷河期の生き残りと言われ、エーデルワイスに似た白い清楚な花の群生がとてもきれいです。咲き切る前の可憐なピンクの蕾が残っている様子も、とてもかわいく心なごみます。3枚の葉の形が紋所の三柏(みつがしわ)に似ていることからこの名がつきました。
センボンヤリ(中池見湿地)
センボンヤリ(中池見湿地)
時期: 見頃(4月〜5月)
場所:〒915-0005 福井県敦賀市樫曲奥堀切79
春、中池見の山側を歩いていると、足元に小さく咲いています。高さは10センチ足らず。花の色が白からだんだんピンクに変わっていくのも楽しみです。センボンヤリの名前の由来は、秋につく閉鎖花(へいさか)や実の様子が、大名行列の時に使う毛槍に似ているためと言われています。
サワオグルマ(中池見湿地)
サワオグルマ(中池見湿地)
時期: 見頃(4月〜5月)
場所:〒915-0005 福井県敦賀市樫曲奥堀切79
中池見の春を代表する花です。高さが50〜80センチほどになり、黄色い花をたくさんつけるので、新緑によく映えます。4月下旬から5月の中旬まで、湿地全域で一面に咲き誇ります。
カキツバタ(中池見湿地)
カキツバタ(中池見湿地)
時期: 見頃(5月〜6月)
場所:〒915-0005 福井県敦賀市樫曲奥堀切79
5月の中旬から湿地内の水路沿いには、濃紫色の気品ある美しい花が咲き並びます。高さは40〜60センチほど。この花の汁で布を染めたので「書き付け花」と呼ばれていたものがカキツバタになまったと言われています。
ミズタビラコ(中池見湿地)
ミズタビラコ(中池見湿地)
時期: 見頃(5月〜6月)
場所:〒915-0005 福井県敦賀市樫曲奥堀切79
直径2〜3ミリの小さな淡い青紫色の花が、下から上に向かって咲きます。草丈は10〜30cmほどで、林縁部の小さな水の流れがある場所に咲いています。
シャガ(若狭国吉城歴史資料館周辺)
シャガ(若狭国吉城歴史資料館周辺)
時期: 見頃(4〜5月)
場所:〒919-1132 美浜町佐柿25-2
著莪(シャガ)はアヤメ科の多年草で中国原産、薄紫がかった小ぶりの白い花をつけます。国吉城城跡への遊歩道に群生していて、開花時期になるとまるで白いじゅうたんを敷いたように見えます。 シャガは、四月の中旬に咲き始め、五月頃までが見頃です
紅どうだんつつじ(森と暮らすどんぐり倶楽部)
紅どうだんつつじ(森と暮らすどんぐり倶楽部)
時期: 見頃(4月下旬〜5月下旬)
場所:〒919-1144  福井県三方郡美浜町 新庄182−1−1
紅どうだんつつじは4月下旬から5月下旬にかけて、真っ赤なブドウの房のような花 を付けます。「明るい赤」 が売りのとても可憐な花です。
ソメイヨシノ(若狭国吉城歴史資料館周辺)
ソメイヨシノ(若狭国吉城歴史資料館周辺)
時期: 見頃(4月)
場所:〒919-1132 美浜町佐柿25-2
美浜町佐柿にある若狭国吉城歴史資料館へ向かう道の脇にある桜並木で、頭上には桜のアーチが架けられています。
ソメイヨシノ「瑞林寺の一本桜」(瑞林寺)
ソメイヨシノ「瑞林寺の一本桜」(瑞林寺)
時期: 見頃(4月)
場所:〒919-1124 美浜町早瀬20-24
美浜町早瀬にある瑞林寺横の「一本桜の丘(福井ふるさと百景認定)」にある桜。この丘からは、日本海と三方五湖の一つ久々子湖、昔ながらの漁村風景が一望できるビューポイントで、映画「サクラサク」の舞台にもなった場所です。 形のキレイな一本桜と小高い丘からの景色との調和をお楽しみください。
梅(西田地区)
梅(西田地区)
時期: 見頃(3月上旬〜中旬)
場所:〒919-1463 若狭町成出17-4-1
「福井梅」発祥の地、西田地区には湖畔に梅畑が連なり、一面に白い梅の花が一斉に開花し早春を告げます。 種類 紅映・剣先
楊貴妃桜(福乗寺)
楊貴妃桜(福乗寺)
時期: 見頃(4月中旬)
場所:〒919-1526 若狭町関
樹齢約200年の楊貴妃桜は町指定文化財に指定されています。八重に淡紅色に咲きます。
バラ(レインボーライン)
バラ(レインボーライン)
時期: 見頃(5月中旬〜6月下旬)
場所:〒919-1301 若狭町気山
三方五湖にちなんだ五つの花園に110種600株のバラが咲き乱れます。
ヤマザクラ(神子崎)
ヤマザクラ(神子崎)
時期: 見頃(4月上旬〜中旬)
場所:〒919-1452 若狭町神子
山一面に咲く山桜はかつて、コロビ畑の地境に植えられました。県指定名勝に指定されている。 種類 ヤマザクラ 本数 約1000本
しだれ桜、ソメイヨシノ(三方石観世音)
しだれ桜、ソメイヨシノ(三方石観世音)
時期: 見頃(4月上旬〜中旬)
場所:〒919-1303 若狭町三方
三方石観世音の境内を流れる観音川にかかるように枝垂桜・ソメイヨシノが優美に咲く。 種類 枝垂桜・ソメイヨシノ 他 本数 約20本
しだれ桜
「妙祐寺のしだれ桜」(妙祐寺)
しだれ桜 「妙祐寺のしだれ桜」(妙祐寺)
時期: 見頃(3月下旬〜4月下旬)
場所:〒917-0036 小浜市中井 13−60
しだれ桜は1997年に市の天然記念物に指定され、高さ約17m、幹の周囲約2.5m。毎年3月下旬頃見頃を迎えます。
桜(きのこの森)
桜(きのこの森)
時期: 見頃(4月上旬)
場所:〒919-2123 大飯郡おおい町鹿野42-27
園内にある桜は立派に成長し、満開時にはとても見ごたえのある風景です。 また、ビッグスライダー周辺にも植樹されており、スライダーと桜の両方を楽しむことが出来ます。
芝桜(丸山公園)
芝桜(丸山公園)
時期: 見頃(4〜5月)
場所:〒919-2101 福井県大飯郡おおい町成和2-1-1
白、薄紫、淡桃色の芝桜が国道を彩ります。色とりどりの芝桜を楽しみつつ、公園内を散歩してみては?
シャクナゲ(野鹿谷)
シャクナゲ(野鹿谷)
時期: 見頃(5月上旬〜中旬)
場所:〒917-0375 福井県大飯郡おおい町名田庄納田終
派手で大きな花が特徴。色は白や赤系統のものが多く群生しています。
飛梅(宝楽寺)
飛梅(宝楽寺)
時期: 見頃(3月)
場所:〒919-2101 福井県おおい郡おおい町大島94-4
宝楽寺前庭の南端に生息している。地上80センチのところで大小6本の枝に分かれ、南に張り出した一番太い枝幹の根元で1.7mの太さがある。枝張りはよく、樹皮は深く縦割れし、キクラゲやノキシノブ、蘚苔類が着生している。早春の3月頃に紅花を開花させ、ほのかな香りをただよわせる。
はまなす(はまなすパーク)
はまなす(はまなすパーク)
時期: 見頃(4月中旬〜7月中旬)
場所:〒919-2382 大飯郡高浜町東三松
高浜町の町花、はまなす。直径約10センチで、咲き方もいろいろです。赤色の花で一重・ピンク色の花で八重咲・白色の一重花など・・・。400〜500本が咲き誇っています。 咲き終わった後は、赤い花も白い花も真っ赤な実を付けます。
シバザクラ(横津海地区)
シバザクラ(横津海地区)
時期: 見頃(4月下旬〜5月中旬)
場所:〒919-2385 福井県大飯郡高浜町横津海
高浜町横津海地区の一帯に、約5万株のシバザクラが見られます。 「リトルドット」「オーキントンブルーアイ」「ダニエルクッション」など、県内でも珍しい種類を含め全9種類あり、白、ピンク、青など色とりどりの花を見ることができます。
ソメイヨシノ(城山公園)
ソメイヨシノ(城山公園)
時期: 見頃(4月頃)
場所:〒919-2221 福井県大飯郡高浜町事代(城山公園内)
城山公園内の敷地内に、約200本の桜(ソメイヨシノ)が見られます。
ボタン(五色山公園)
ボタン(五色山公園)
時期: 見頃(4月頃〜5月下旬)
場所:〒919-2351 福井県大飯郡高浜町山中64-3-1
五色山公園の広い敷地内に、ソメイヨシノ800本、ヤエザクラ200本などが見られます。また、5月は、匠の美術館周辺にボタンの花が約400本見られます。
ツツジ(五色山公園)
ツツジ(五色山公園)
時期: 見頃(4月頃〜5月下旬)
場所:〒919-2351 福井県大飯郡高浜町山中64-3-1

食情報

黒河マナ(くろこまな)
黒河マナ(くろこまな)
敦賀市の山地区で栽培されている伝統的な野菜です。マナは菜の花に似た食物で、茹でたり天ぷらにしたりして食べられています。最も一般的な食し方は塩漬けにして漬物として食べます。近年はこの漬物を使っておにぎりやおやきが作られるなど注目の食物です。
鯖寿司
鯖寿司
若狭湾では古くから海産物の代表が鯖。水揚げされた鯖は、鯖街道の起点である小浜市から熊川宿(1996年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定)を経由して京に運ばれました。鯖は身持ちが悪く、焼いたりしめたりと保存に努め、そこから生まれたのが鯖を昆布でしめた「鯖寿司」。 今では、バラエティ豊かな鯖寿司が作られています。
いさざ
いさざ
春の訪れを感じる食材として、人気の高い「いさざ」は別名「シロウオ」と呼ばれるハゼ科一年魚です。 体長は約4cm、体色は半透明、黒い斑点が透けて美しい魚です。3月、春の雪解け水がゆるんだ頃、産卵のため南川を遡上します。 「いさざの躍り食い」や「びっくり鍋」は「御食国」(みけつくに)若狭おばまの春に食べたい旬の味です。
生わかめ
生わかめ
春に採れるワカメは、新芽で柔らかく湯通しすると鮮やかな緑色に変わります。民宿で食べるワカメのしゃぶしゃぶは絶品です。また、採れたてのワカメは様々なドレッシングに合い、健康食としても女性や子どもに大人気です。さらに茎の部分は歯ごたえが良く、佃煮に最適です。
わかめサラダ
わかめサラダ
春にとれるワカメは新芽で柔らかく、特に人気がある。湯通しすると鮮やかな緑色に変わり美しく、健康食として女性にうけている。とれたてのワカメにカイワレとニンジンを混ぜ合わせた「わかめサラダ」は美浜の女将さんたちが作ったオリジナルドレッシングでいただくと最高においしい。そのほか、青じそや梅ドレッシングでもOK!
桜鯛の香味寿司
桜鯛の香味寿司
桜の花が咲くころのマダイはおいしく、サクラダイとも呼ばれている。白い身は引き締まり、産卵期を前に栄養がたっぷりでこのタイを特製のタレに漬け込んで作ったのが香味寿司だ。タレは土佐しょう油にウニ、いりゴマなど入れたもので寿司飯には、鯛の腹のきざみ、ガリのみじん切り、みょうがや大葉のきざみを混ぜる。上から金糸卵を散らし、味、香りだけでなく、目でも楽しめる春らしい一品に仕上げている。
焼きさば飯
焼きさば飯
焼きさばは生姜じょう油で食べるに限るが、「サバ1本丸ごとは食べきれない」という人のために、「焼さば飯」が考案された。1本の焼サバと針生姜を米と一緒に炊く。炊きあがったら骨を取り、ほぐしてご飯と混ぜ合わせる。サバの旨味がご飯にしみ込み、生姜が臭みを消して非常に食べやすい。料理研究家・小林カツ代さんの指導から生まれた一品で美浜の名物料理だ。
あなごづくし
あなごづくし
旬のアナゴをふんだんに使った料理は美浜町の漁村でしか味わえないおいしさ。仕上がりの形も美しく、料理人のアナゴに対するこだわりが充分に感じられる。
おぼろ昆布
おぼろ昆布
古くから陸路と海路が交わる交通交易の要地として栄えてきた敦賀。江戸時代に入ると「北前船」が登場し、東北や北海道から運ばれる食材や物資が集まる集積港として賑わいます。そういった物資のなかでもっとも珍重されたのが昆布です。北海道の利尻や羅臼から敦賀へと運ばれてきた昆布は、熟練職人の手により加工、熟成。最高級の昆布として京都や大阪の一流料亭へ卸されました。日本料理の基本はカツオと昆布からとったダシ。日本の“旨み文化”の一端を敦賀の昆布が担ったといっても過言ではないでしょう。
へしこ
へしこ
「へしこ」とは魚を塩漬けした後でぬか漬けにすることで、いわば“魚のお漬け物”です。昔から若狭路の各家庭で作られてきた郷土の珍味で、文献によるとその起源は鎌倉時代にまでさかのぼるといいます。冷蔵・冷凍技術がなかった時代は、魚がたくさん獲れてもそのままではすぐに傷んでしまいます。糠漬けにすることで腐敗を防ぎ、長期保存できるようにした加工食品、それが、へしこです。またへしこは青魚に多く含まれているペプチドがへしこに加工することでさらに増加し、そのペプチドが血圧の上昇を抑えるなど健康食品としても話題になっています。
若狭路ご膳
若狭路ご膳
新鮮な海の幸など、地元ならではの豊かな食材を使ったランチメニューが「若狭路ご膳」。各店舗独自のレシピで提供しています。