イベントカレンダー

«2019年5月»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お気に入り

検索

キーワード検索
エリアで探す
アクセスランキング
ランキングno.1
  • 遊ぶ・楽しむ
  • グルメ
若狭小浜お魚センター

地元の漁港にその日水揚げされたばかりの鮮魚をはじめ、干物や海産加工品… ≫続きを見る

お気に入り登録する
ランキングno.2
  • レジャー
敦賀水産卸売市場

敦賀に水揚げるされる魚や活気ある競りの様子を2階の見学ルームから見るこ… ≫続きを見る

お気に入り登録する
ランキングno.3
  • 自然・風景
瓜割の滝

瓜割の滝は、あまりの水の冷たさに瓜が割れてしまったという伝説に由来し… ≫続きを見る

お気に入り登録する
ランキングno.4
  • 若狭路ご膳
  • 和食
ドライブイン よしだ イカ丼

イカ丼、漬物、味噌汁 ≫続きを見る

お気に入り登録する
ランキングno.5
  • レジャー
日本海さかな街

敦賀港直送の魚介が並ぶ鮮魚店や水産加工、海鮮丼や焼き鯖、昆布などの特… ≫続きを見る

お気に入り登録する
ランキングをもっと見る
ランキング一覧を見る

イベント一覧

1件〜12件 (全17件)

05月のイベント情報

エントランス展「西津七年祭」
時期:2019/3/16(土)〜2019/5/12(日)
〒917-0241 小浜市遠敷2-104福井県立若狭歴史博物館 1階エントランス
 西津七年祭は巳年と亥年ごとに行なわれる小浜市北塩屋の宗像神社の式年祭です。
 今年は5月3日から5日までの3日間行われます。祭りでは氏子の小松原・新小松原の住民が、大太鼓・太刀・神楽・琵琶といった出し物(祭礼芸能)を繰り出し、各所で演技や囃子を披露します。神輿の渡御・還御の際には、これらが行列を組んで神輿に随行します。また、神輿が神社や御旅所を出御・入御する時の大音響での囃子の競演は圧巻です。
 本展では、福井県無形民俗文化財に指定されているこの西津七年祭について、当館がこれまでに撮影した写真や、前回(2013年)の映像などで紹介します。
お気に入り登録する
詳細はこちら»
特別公開「曹福寺の阿弥陀如来坐像」
時期:2019/4/13(土)〜2019/6/2(日)
〒917-0241 小浜市遠敷2-104福井県立若狭歴史博物館 
 若狭歴史博物館では若狭地域の仏像を広く紹介するため、定期的に展示替えを行っています。今回は、若狭町神谷(こうだん)にある曹福寺(そうふくじ)の阿弥陀如来坐像を期間限定で公開します。
 本像は曹福寺本堂の本尊として安置される阿弥陀如来坐像で、両手を腹前で定印(じょういん)に組み、左足を上にして結跏趺坐(けっかふざ)する姿です。
 像高は82.7?、ヒノキの寄木造で、丸く盛り上がる肉髻(にっけい、頭の上の隆起した部分)や、小粒に刻まれた螺髪(らほつ、粒状の髪の毛)、穏やかな表情、薄く滑らかな衣などの特徴から、平安時代後期の制作と考えられます。
お気に入り登録する
詳細はこちら»
テーマ展「仏教美術ことはじめ お釈迦さまの美術」
時期:2019/4/18(木)〜2019/6/2(日)
〒917-0241 小浜市遠敷2-104福井県立若狭歴史博物館 
 難解なイメージのある仏教美術について、わかりやすい解説を交えながら尊像ごとに紹介するシリーズ企画。1回目となる今回は「釈迦如来」を取り上げます。
 仏教の開祖である釈迦は紀元前5世紀頃に実在した人物とされ、釈迦が説いた教えは仏教として今も広く信仰されています。誕生から涅槃までの80年間にわたる釈迦の生涯は「仏伝」といわれ、多くの経典に記されて美術の主題としても取り上げられました。仏教美術の基本ともいえる釈迦如来の造形を若狭に伝来する文化財から紹介します。
お気に入り登録する
詳細はこちら»
ジオラマ館 Early Summer Festa
時期:2019/4/30(火)〜2019/5/26(日)
〒914-0072 福井県敦賀市金ヶ崎町4-1 敦賀赤レンガ倉庫
ジオラマ館は「Early Summer Festa」を開催いたします。
様々なイベントを用意していますので、是非敦賀赤レンガ倉庫にお越し下さい。


※イベントの参加にはジオラマ館入館料がかかります。
(大人\400/小学生以下\200)


お気に入り登録する
詳細はこちら»
弥美神社例大祭
時期:2019/5/1(水)
〒919-1134 福井県美浜町宮代 弥美神社
美浜町宮代の弥美神社で行われる「王の舞」はその年の豊饒を祈る代表的な農耕神事です。県の無形民俗文化財に指定され、「大御幣押し」「王の舞」「獅子舞」の 順序で奉納されます。
お気に入り登録する
詳細はこちら»
お城まつり
時期:2019/5/2(木)〜2019/5/3(金)
〒917-0095 福井県小浜市城内1丁目7番55号 小浜神社
400年の歴史を誇るおまつり。県無形民俗文化財指定の「雲浜(うんぴん)獅子」をはじめ、「お城太鼓」などがにぎやかに町を練り歩きます。
お気に入り登録する
詳細はこちら»
西津七年祭
時期:2019/5/3(金)〜2019/5/5(日)
〒917-0002 福井県小浜市北塩谷 宗像神社
西津七年祭は7年毎(巳年と亥年)に行われる小浜市北塩屋の宗像神社の式年祭です。
お気に入り登録する
詳細はこちら»
沓見御田植祭(くつみおたうえまつり)
時期:2019/5/5(日)
〒914-0823 福井県敦賀市沓見 信露貴彦神社・久豆弥神社
伝統衣装に身を包んだ行列が区内を練り歩いた後、信露貴彦(しらきひこ)神社と久豆弥(くつみ)神社では、五穀豊穣を願い大勢の観客が見守る中、子どもたちの見事な王の舞(おのまい)や獅子舞、大人たちの田植え歌やえぶり差しなど田植えの様子を表した芸能を奉納します。県の無形民俗文化財に指定されています。
お気に入り登録する
詳細はこちら»
子供歌舞伎
時期:2019/5/5(日)
〒919-1124 福井県美浜町早瀬 日吉神社
早瀬で5月5日に行われるのが、150年も前から続くという子供歌舞伎です。その昔、疫病が流行った時に、芸能としてこの子供歌舞伎を演じて奉納し、その病を鎮めたといわれています。
参道に据えられた山車の舞台で、早瀬地区の小学4〜5年生の男子が化粧して、色あでやかな衣装を纏い、三味線や鼓に合わせて「寿式三番叟」を舞います。子供らしい元気さや優雅な舞に見物客から大きな声援や拍手が送られます。
お気に入り登録する
詳細はこちら»
第14回 鯖街道体験ウォーキング
時期:2019/5/11(土)〜2019/5/12(日)
〒917-0069 福井県小浜市小浜白鬚 まちの駅・旭座
小浜市いづみ町から京都市出町柳まで続く鯖街道を2日間かけて歩く(一部バス移動)、好評の体験ウォーキングです。
万一の事故や急病・リタイヤに備えてサポートの車が伴走するので、初心者の方でも安心して参加していただけます。
この機会に若狭から京の都へ鯖などの魚や物資を運んだ鯖街道ウォークを体験してみませんか?
お気に入り登録する
詳細はこちら»
第31回美浜・五木ひろしふるさとマラソン
時期:2019/5/12(日)
〒919-1201 福井県美浜町丹生 丹生特設会場
美浜町出身であり名誉町民である五木ひろしさんにちなんだマラソン大会です。
風光明媚な若狭湾国定公園の海岸線コースを潮の香りを肌で感じながら楽しく走ることができます。
※エントリーは3月15日(金)まで(受付終了)
お気に入り登録する
詳細はこちら»
エントランス展「高浜七年祭」
時期:2019/5/14(火)〜2019/7/7(日)
〒917-0241 小浜市遠敷2-104福井県立若狭歴史博物館 1階エントランス
 高浜七年祭は、高浜町宮崎の佐伎治(さきち)神社の式年大祭で、巳年・亥年の6月卯の日から酉の日までの7日間にわたって行われます。今年は6月23日から6月29日までの7日間にわたって行われ、三基の神輿が氏子区域を遊幸し、太刀振・お田植・神楽・曳山などの芸能が各所で披露されます。期間の長さや規模の大きさ、芸能の多彩さなど若狭地方最大の夏祭りで、福井県無形民俗文化財に指定されています。
 荒々しく暴れ回る神輿、鍛え上げられた若者が激しく素早い動きで見事な立ち回りを見せる太刀振(たちふり)、子供が可愛い踊りを披露する曳山など、様々な表情をもち多彩な見所のある高浜七年祭について、当館がこれまでに撮影した写真や映像などで紹介します。
お気に入り登録する
詳細はこちら»

1件〜12件 (全17件)