イベントカレンダー

«2019年1月»
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お気に入り

検索

キーワード検索
エリアで探す
アクセスランキング
ランキングno.1
  • 遊ぶ・楽しむ
  • グルメ
若狭小浜お魚センター

地元の漁港にその日水揚げされたばかりの鮮魚をはじめ、干物や海産加工品… ≫続きを見る

お気に入り登録する
ランキングno.2
  • レジャー
敦賀水産卸売市場

敦賀に水揚げるされる魚や活気ある競りの様子を2階の見学ルームから見るこ… ≫続きを見る

お気に入り登録する
ランキングno.3
  • レジャー
日本海さかな街

敦賀港直送の魚介が並ぶ鮮魚店や水産加工、海鮮丼や焼き鯖、昆布などの特… ≫続きを見る

お気に入り登録する
ランキングno.4
  • 歴史・文化
熊川宿

平成27年4月、文化庁の日本遺産に「海と都をつなぐ若狭の往来文化遺産群―… ≫続きを見る

お気に入り登録する
ランキングno.5
第38回OBAMA若狭マラソン

小浜の春の日差しの中、開催するマラソン大会。距離は3km、5km、10km、ハ… ≫続きを見る

お気に入り登録する
ランキングをもっと見る
ランキング一覧を見る

イベント一覧

01月のイベント情報

この冬はじめての雪まつり
時期:2018/12/1(土)〜2019/2/28(木)
〒919-1301 福井県三方上中郡若狭町レインボーライン山頂公園
2018年夏にリニューアルしたレインボーラインでは、この冬、雪まつりを開催。ふぐ汁・コーンチャウダー・きのこ汁などの冬のあったかメニューの提供や山頂公園で雪遊びグッズの無料レンタルもあります。山頂公園から眺める三方五湖や日本海の雪景色は絶景です。
お気に入り登録する
詳細はこちら»
日本遺産関連テーマ展「若狭 仏の絵〜街道沿いの文化財〜」
時期:2018/12/1(土)〜2019/1/6(日)
〒917-0241 小浜市遠敷2-104福井県立若狭歴史博物館 企画展示室
仏教文化や祭礼など、数多くの都の文化がもたらされた若狭。長い間、大切に守り継がれてきた文化財の数々は、平成27年に「海と都をつなぐ若狭の往来文化遺産群〜御食国若狭と鯖街道〜」として日本遺産に認定されました。今回のテーマ展では、日本遺産の構成文化財に認定された寺院に伝わる仏の絵をご紹介します。仏教伝来より延々と描き続けられてきた仏の絵。人々は仏の絵に何を託したのか。仏の絵に込められた当時の人々の祈りの心に迫ります。
お気に入り登録する
詳細はこちら»
レインボーライン山頂で見る初日の出
時期:2019/1/1(火)
〒919-1301 福井県三方上中郡若狭町気山18−2−2            レインボーライン山頂公園
通常は9時から営業開始のレインボーラインが、元旦だけ特別に早朝6時からオープン。レインボーライン梅丈岳山頂から初日の出を拝み和合神社で参拝してみませんか。振舞い酒なども実施予定です。
お気に入り登録する
詳細はこちら»
テーマ展「くらべてみよう ちょっと昔と大昔の道具」
時期:2019/1/12(土)〜2019/3/3(日)
〒917-0241 小浜市遠敷2-104 福井県立若狭歴史博物館 
博物館には、少し前まで使われていたけれど今は使われなくなった道具や、遺跡の発掘調査で地中から見つかった大昔の道具が保管されています。当館収蔵品を中心に、発火具や調理具、農具、工具、機織り機など、数千年前の遺跡から見つかった遺物と近現代の道具とを比較してみることで、くらしの道具について今と昔の相違点・共通点を学んでみませんか。
お気に入り登録する
詳細はこちら»
ミニ展「若狭路の獅子頭」
時期:2019/1/19(土)〜2019/3/17(日)
〒917-0241 小浜市遠敷2-104 福井県立若狭歴史博物館 
若狭路(福井県嶺南地方)では、「獅子」あるいは「獅子舞」と呼ばれる民俗芸能が多数行なわれていますが、そこで使用される獅子頭は、黒い獅子頭・赤い獅子頭・鳥の羽根でおおわれた獅子頭の3種類に大別されます。
本展では、3種類の獅子頭それぞれの特色や、それらを用いる獅子舞の歴史などについて解説します。若狭路の獅子舞や獅子頭に関して、理解を深める機会になれば幸いです。
また関連行事として、わかはく講座「若狭路の獅子舞と獅子頭」も開催します。
講座の案内はこちら→ https://wakahaku.pref.fukui.lg.jp/event/detail/post-431.php
お気に入り登録する
詳細はこちら»
敦賀西町の綱引き(夷子・大黒綱引き)
時期:2019/1/20(日)
旧西町通り(敦賀市相生町)
400年以上前から伝承されてきた新春の敦賀の民俗行事です。厄年の男性が扮した「夷子神」・「大黒神」が練り歩き、集まった数百人の老若男女が「夷子」・「大黒」それぞれに分かれて大綱引きを繰り広げます。長さ約50m、太さ25cmほどの大綱を引き合い、夷子側が勝てばその年は豊漁、大黒側が勝てば豊作という年占神事です。綱引きの参加は自由で引き合った大綱のわらは持ち帰ることもでき、無病息災のお守りになるといわれています。国の重要無形民俗文化財に指定されています。
お気に入り登録する
詳細はこちら»
水中綱引き
時期:2019/1/20(日)
〒919-1126 福井県美浜町日向 日向橋
昔、災害による土砂の取り除き作業中に大蛇が出て作業を妨げたため退治しようとその大蛇より長い綱を張って防いだことが事の起こりです。
早朝より綱をつくり、橋に設置。同時に大漁旗も設置。
午後2時頃、白いパンツ姿に色とりどりのハチマキをした村の青年たちが次々と橋の欄干等から川へ飛び込み、東西にわかれて綱を引きちぎります。どちらか一方が切れると綱を海の神に捧げるため、外海に流します。
お気に入り登録する
詳細はこちら»
期間限定公開「常高寺・高成寺の韋駄天像」
時期:2019/1/24(木)〜2019/2/24(日)
〒917-0241 小浜市遠敷2-104 福井県立若狭歴史博物館 
若狭歴史博物館では若狭地域の仏像を広く紹介するため、定期的に展示替えを行っています。今回は、平成31年大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」にちなみ、常高寺(小浜市小浜浅間)および高成寺(小浜市青井)の木造韋駄天立像を期間限定で公開します。
韋駄天とは、もとはバラモン教の神さまでしたが、仏教に採り入れられ、寺院を守る護法神となりました。走るのが速く、鬼が舎利(釈迦の骨)を盗んだ際に、追いかけて取り戻したという話があります。そのような話から、韋駄天は足の速い人のたとえにされ、非常に速く走ることを「韋駄天走り」と言います。また、韋駄天を祀ると食事に困らないともいわれ、主に禅宗寺院の庫裏や僧坊に安置されることが多い仏像です。
お気に入り登録する
詳細はこちら»
ウインターホリデイズパーティ
時期:2019/1/27(日)
〒919-2292 福井県大飯郡高浜町宮崎86-23-2 高浜公民館(役場併設)
国際交流イベント「ウインターホリデイズパーティ」を開催します。町内在住外国人の方々によるスピーチやステージ発表、バザーなど盛りだくさんの内容です。どなたでも気軽にご参加いただける楽しいイベントです。
お気に入り登録する
詳細はこちら»