オススメコース一覧
若狭路ぐるっとコース
若狭路を東から西へ、敦賀市から高浜町まで、ドライブしながらぐるっとひと巡り。歴史スポットあり絶景スポットありの、いろんな見どころが詰まった欲張りコースです。カップルやグループでワイワイ楽しもう!
コース内容
1日目: 敦賀I.C ⇒ 氣比神宮 ⇒ 旧敦賀港駅舎 ⇒ 人道の港敦賀ムゼウム ⇒ 赤レンガ倉庫 ⇒ 食事 ⇒ レインボーライン ⇒ 梅丈岳山頂公園 ⇒ 宿泊 2日目: 若州一滴文庫 ⇒ エルどらんど ⇒ 食事 ⇒ 蘇洞門めぐり ⇒ 小浜I.C
最高の一枚を撮ろうコース(西コース)
西コースでは、海を絡めた風景がメイン。日本海の荒波と風が生んだ奇景や、海へと続く棚田など、印象的な風景のオンパレードです。小浜では古い町並みのしっとりした雰囲気をカメラに収めてください。
コース内容
1日目: 大飯高浜I.C ⇒ 明鏡洞 ⇒ 五色山公園 ⇒ 食事 ⇒ 日引の棚田 ⇒ 宿泊 2日目: 蘇洞門めぐり ⇒ 食事 ⇒ 三丁町 ⇒ 常高寺 ⇒ 道の駅うみんぴあ大飯 ⇒ 小浜西I.C
ご飯が進んで止まらない”へしこ”食べようコース
郷土の珍味“へしこ”を切り口に、「見て・食べて・学んで」若狭路の食文化にふれられるコースです。途中、若狭路から京都へ向かう鯖街道の宿場として栄えた熊川宿へも足を伸ばします。もちろんお土産もへしこでキマリ!
コース内容
1日目: 敦賀I.C ⇒ 氣比神宮 ⇒ へしこ館 ⇒ 食事 ⇒ 熊川宿 ⇒ 宿泊 2日目: 雲城水 ⇒ いづみ町商店街 ⇒ 食事 ⇒ 三丁町 ⇒ 御食国若狭おばま食文化館 ⇒ 小浜I.C

高浜→小浜・シーサイドドライブコース
大飯高浜ICを降りて、高浜町から小浜市へ向かって海岸線をドライブ。明鏡洞や道の駅、小浜城跡など、ルート上に点在する観光スポットを巡りながら、快適なシーサイドドライブを楽しんじゃおう!
コース内容
大飯高浜I.C ⇒ 明鏡洞 ⇒ 道の駅シーサイド高浜 ⇒ エルどらんど ⇒ 食事 ⇒ 雲城水 ⇒ 小浜城跡 ⇒ 羽賀寺 ⇒ 小浜I.C 
若狭路しっとり旅コース
若狭路の歴史と民俗を紹介する博物館をはじめ、浅井三姉妹の次女「初」ゆかりの常高寺や小浜の塗り箸を扱うお店などを巡るコースです。シルバー世代のご夫婦旅にいかがですか?
コース内容
小浜I.C ⇒ 福井県立若狭歴史博物館 ⇒ 国分寺 ⇒ 常高寺 ⇒ 食事 ⇒ 箸のふるさと館 ⇒ ツカモト民芸センター ⇒ 小浜I.C
縁結びパワースポットめぐりコース
京都とのつながりも深かった若狭路には、謂われのある神社やお宮、史跡などが点在しています。いわゆる縁結びスポット・パワースポットとしても知られている場所も多く、歴史ファンや女性にも人気を博しています。
コース内容
小浜I.C ⇒ 若狭姫神社 ⇒ 若狭彦神社 ⇒ 雲城水 ⇒ 食事 ⇒ 暦会館 ⇒ 土御門家史蹟 ⇒ あみーしゃん大飯 ⇒ 大飯高浜I.C

鯖街道deサバ尽くしコース
その昔、若狭路から京都へ海産物を運んだ“鯖街道”をめぐるプランです。小浜の三丁町を起点に、古い町並みが残る熊川宿へ。食事やお土産ももちろんサバ! 鯖寿しや焼き鯖など、サバ尽くしをご堪能ください。
コース内容
小浜I.C ⇒ 三丁町 ⇒ 食事(いけす割烹 雅) ⇒ 熊川宿 ⇒ 葛の店 まる志ん ⇒ 鯖街道資料館 ⇒ 朽木屋商店 ⇒ 食事(すし政本店) ⇒ 小浜I.C
若狭路冬の味覚満喫コース
若狭路の冬の味覚といえば、かに、ふぐ、ぼたん鍋(イノシシ)はまず外せません。魚市場や食事処、民宿などで、冬の三大味覚を味わい、お土産にお持ち帰り。おいしいを知り尽くしたオトナの旅行です。
コース内容
敦賀I.C ⇒ 敦賀水産卸売市場 ⇒ 相木魚問屋 ⇒ 食事 ⇒ 若狭国吉城歴史資料館 ⇒ 熊川宿 ⇒  宿泊 2日目:若狭小浜お魚センター ⇒ 蘇洞門めぐり ⇒ 食事 ⇒ 道の駅うみんぴあ大飯 ⇒ 若州一滴文庫 ⇒ 大飯高浜I.C 所要時間/初日約6時間・二日目約7時間 旅行費用/大人2名4万2600円(各施設料金・昼食代・宿泊代)※宿泊料は1泊2食大人1名1万5000円、昼食は大人1名2000円をそれぞれ想定
日本遺産 小浜「歴史と文化の薫り」コース
鯖街道の起点として栄えた小浜には、歴史の長さを物語る史跡や名所、町並みが至るところに点在。町をひとめぐりして、小浜の歴史と文化の薫りを感じる旅へ出掛けませんか?
コース内容
小浜I.C ⇒ 小浜城址 ⇒ 鯖街道資料館 ⇒ 食事 ⇒ 小浜街並み保存資料館 ⇒ 三丁町 ⇒ 蓬嶋楼 ⇒ 若狭フィッシャーマンズ・ワーフ ⇒ 御食国若狭おばま食文化館(濱の湯) ⇒ 小浜I.C 所要時間/約8時間 旅行費用/大人2名5200円(各施設料金・昼食代) ※昼食は大人1名2000円をそれぞれ想定